文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2018年4月25日

しがスポーツナビ!トップページへ

しがスポーツSTORY

滋賀県の様々なスポーツシーンをご紹介します!

スポーツ初心者もそうでない方にも、滋賀県のスポーツに興味のきっかけをお届けする「しがスポーツSTORY」。滋賀県内で行われている様々なスポーツや、ゆかりのアスリートをはじめ、滋賀のスポーツがもっと身近に感じられるスポーツSTORYをご紹介していきます。

#008 ビワイチ
自転車で琵琶湖を一周する『ビワイチ』で“日本一”のスケールに挑戦!

写真: ビワイチ

日本最大の湖、琵琶湖。その周囲を自転車で一周すると約200km。距離だけを聞いて挫折しそうになってしまいますが、琵琶湖を一周する=通称『ビワイチ』が、いまサイクリストの間でブームとなっています!雄大な琵琶湖のふちを縫うように走る爽快感、そしてスタートとゴールを同じポイントに一周し、日本一を制したような気分になれる達成感がその理由です。
→記事を読む

 

#007 スラックライン
大人もハマる!話題のバランス系スポーツ「スラックライン」

写真: スラックライン

5cm幅のベルト状のラインの上を歩いたり、ジャンプしたりする「スラックライン」。その華麗な技がメディアで取り上げられることも増え、見たことがある人も多いかもしれません。楽しそう!と思った人も、なんだか難しそう…と思った人も、まずは知ってほしい。スラックラインの魅力は誰もが気軽に始められることなんです。
→記事を読む

 

#006 滋賀レイクスターズ
ライブ会場のような盛り上がり!“沸騰現場”が楽しいエンタメ性に溢れた「B.LEAGUE」

レイクス試合会場

2016年に開幕した「B.LEAGUE」のB1に属する、県を代表するプロスポーツチーム「滋賀レイクスターズ」のホームゲームを観戦レポート!ライブ会場のような盛り上がりが楽しめる「B.LEAGUE」は、スポーツ観戦初心者にもおすすめです。
→記事を読む

 

#005 棒高跳び・我孫子智美選手
目標を失いかけていた私に、子どもたちが走りだす力を与えてくれました

写真: 我孫子智美

女子棒高跳び日本記録保持者で2012年ロンドンオリンピックにも出場した我孫子智美選手にお話を伺いました。現在は、現役アスリートと陸上スクール指導者の二足のわらじを履き、新しいステージへと歩みだしています。
→記事を読む

 

#004 ゴールボール
感覚を研ぎ澄ましてトライ!誰もが楽しめる新感覚スポーツ「ゴールボール」

写真: ゴールボール

パラリンピックの正式競技にもなっている「ゴールボール」を知っていますか?アイシェードを装着することで、障害者と健常者が同じ条件で楽しめ、これまでに体験したことのない新しい感覚が味わえるボーダレスなスポーツです。
→記事を読む

 

#003 競泳・大橋悠依選手
笑顔の裏に努力あり!滋賀の空を見て泳いだ経験が世界に通じる

写真:大橋悠依

2017年7月に行われた世界選手権で、日本新記録で銀メダルを獲得した水泳界のニューヒロイン、彦根市出身の大橋悠依選手の素顔に迫ります。
→記事を読む

 

#002 ウインドサーフィン
琵琶湖で遊ぶと若くなる?!おやじサーファーに学ぶ、ウインドサーフィンのススメ

写真:おやじサーファー

滋賀のさまざまなスポーツシーンを紹介する「しがスポーツSTORY」。第二回目は、風の力で水面を滑るように走るスポーツ、ウインドサーフィンをご紹介します。色とりどりのセイルが琵琶湖に浮かぶ様子は、滋賀では見慣れた光景のひとつではないでしょうか。波が穏やかな琵琶湖はウインドサーフィンをこれから始めたい人にもぴったりなスポットだそうです。
→記事を読む

 

#001 ボルダリング
登れば身体が感じてくれる!初心者でも楽しめるボルダリング

写真:グッぼる

第一回目の『しがスポーツSTORY』は、2020年東京オリンピックの正式種目に選ばれたスポーツクライミングのひとつである「ボルダリング」をご紹介します!彦根市にあるボルダリング施設「グッぼる」にお邪魔してクライミングコンサルタント由井さんご指導のもと初心者がどこまで楽しめるのか体験してみました!
→記事を読む

 

 

お問い合わせ

滋賀県県民生活部スポーツ局

電話番号:電話番号:077-528-3361
ファックス番号:ファックス番号:077-528-4841
メールアドレス:メールアドレス:sports@pref.shiga.lg.jp