文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年9月29日

地方拠点都市地域

地方拠点都市地域とは

地方拠点法(地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律)に基づき、地域の創意工夫を生かしつつ、広域の見地から都市機能の増進および居住環境の向上を図るため、一体的な整備を進める地域です。

県内には2つの地方拠点都市地域があります

各地方拠点都市地域においては基本計画を策定し、地域独自の取り組みが行われています。

東近江地方拠点都市地域

  • 構成市町 2市3町
    近江八幡市、東近江市、安土町、日野町、竜王町
  • 推進主体 東近江行政組合
  • 地域指定 平成5年4月28日
  • 基本計画承認 平成6年10月20日
  • アクションプログラム策定 平成8年3月29日

 琵琶湖東北部地方拠点都市地域

  • 構成市町 3市10町
    彦根市、長浜市、米原市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、虎姫町、湖北町、高月町、木之本町、余呉町、西浅井町
  • 推進主体 琵琶湖東北部地方拠点都市地域整備推進協議会
  • 地域指定 平成7年3月20日
  • 基本計画承認 平成9年1月16日
  • アクションプログラム策定 平成11年1月14日

各地域の基本計画の概要

東近江地方拠点都市地域

 【地域整備の基本理念】

はばたく東近江  ふるさと文化都市

臨空特性と歴史文化特性を融合した

定住魅力豊かなふるさと文化都市

 【地域整備の目標】

○ 多様な都市機能を備えた地方自立都市 
  地域の自立的成長を促す地域経済基盤をもち、「職・住・遊・学」等の都市機能を備え、中核となる中心都市を有する拠点都市地域づくりをめざします。
○ 高速広域交通網を活用した交流都市 
  鉄道、高速道路、航空等の高速広域交通網を活用して、情報の受発信が可能な拠点都市地域づくりをめざします。
○ 自然と歴史文化資産を活かした魅力ある定住都市 
  豊かな自然環境と歴史文化資産を活用し、ゆとりとうるおいがあり、定住魅力あふれる拠点都市地域づくりをめざします。

 【拠点地区および重点プロジェクト】

  「中核都市ゾーン」「臨空ゾーン」「歴史・文化ゾーン」「スポーツレクレーションゾーン」に分け、各ゾーンの整備方針に基づいて、7つの拠点地区を設定して整備を進めます。 
  ○7つの拠点地区 
     ・都市機能整備拠点地区
     ・産業業務拠点地区 
     ・商業業務拠点地区
     ・定住促進拠点地区
     ・総合物流拠点地区
     ・職住近接産業拠点地区
     ・歴史文化交流拠点地区

琵琶湖東北部地方拠点都市地域

 【地域整備の基本理念】

淡海みらい環境創造都市圏
豊かな自然・歴史や交通の結節性を生かし
魅力ある環境を創造する活力ある定住都市

 【地域整備の目標】

○ 東西と南北の結節点として新たな交流が生み出される都市 
  東西および南北の交通軸の結節点に位置する地域特性を生かし、他の地域から多くの人が集い、本地域の自然や歴史文化、まちづくり活動等を通じて新たな交流を生み出すことをめざします。
○ 多様な都市機能が集積する活力あふれる都市 
  若者が定着し、地域を支える産業活動が活発に行われるとともに、商業・業務、教養文化、学術研究等多様な都市機能が集積する活力あふれる地域をめざします。
○ 自然と共生したライフスタイルを学べる都市 
  自然との共生を基本に地域の環境整備を進め、地域外の人も自然と共生したライフスタイルを学べるモデルとなる地域をめざします。

 【拠点地区および重点プロジェクト】

  「淡海みらい都市創造リーディングゾーン」「歴史文化うるおいゾーン」「自然ふれあい交流ゾーン」「職住ふるさと環境ゾーン」に分け、各ゾーンの整備方針に基づいて、都市機能の集積や居住環境の整備等を重点的に進めるため、8つの拠点地区を設定して整備を進めます。 
  ○8つの拠点地区
    ・彦根駅東地区都市拠点地区
    ・彦根学術文化拠点地区
    ・長浜駅周辺都市拠点地区
    ・南長浜新都市拠点地区
    ・多賀職住近接定住拠点地区
    ・米原駅研究交流拠点地区
    ・近江母の郷定住拠点地区
    ・高月歴史文化定住拠点地区

お問い合わせ

滋賀県総合政策部企画調整課